企業再生支援

企業再生は多角的な視野と複合的な方向性が必要です。

(株)K&Sコンサルティングのプロのコンサルタント集団がバランススコアカードなど先進的ビジネスメソッドを用いて、事業計画作成から その実行までを計画的なモニタリングにより支援します。

■再生支援手順

再生支援のフェーズは、「現状診断」、「経営改善計画作成」、「関係者意見集約、改善計画案の策定」、「アクションプラン策定」、「経営モニタリング」の5段階になります。

Phase1 現状診断として①資金繰り状況の把握、②実態貸借対照表、実質自己資本の把握、➂正常収益力・将来業績現状診断、④数値計画(成り行き)、将来3~5年のB/SP/L、C/Fについての診断を行います。

Phase2 経営改善計画書作成では①施策(自助努力)の検討、②数値計画に各種施策(自助努力)を反映、➂経営改善に向けた数値計画に基づく 論点整理、④関係者への説明を行います。

Phase3 関係者意見集約、改善計画案の策定では①関係者の意見集約、②修正数値計画の策定、➂最適スキームの選択、④最適スキームに基づく再生計画案の策定を行います。

Phase4 アクションプランの策定では①全社展開へ認識共有、②モニタリング・パラメーター(KFS・KPI)設計、➂最適単位でのアクションプランの策 定、④PDCAサイクルの設計を行います。

Phase5 経営モニタリングでは①業績検討会の開催、②タイムリーな経営課題解決を行います。

consulting_menu02

 

 

■サービスの内容

会社にもライフサイクルがあります。創業・成長期には、創業計画書の作成や資金調達が重要な項目となります。

創 業期を乗り切ると、企業は成長期・成熟期へと進みます。ここでは、企業は成長過程へと入り、組織編成や経営改善の課題整理、将来の方向付けが重要となって きます。この過程を過ぎると、企業も必ず、成熟・衰退期を迎える時期が来ます。企業にとって、この成熟・衰退期をいかに乗り切るかが、再度成長企業への道 を歩むか、衰退への道を歩むかの大きな岐路となります。

毎月の業績把握と、四半期ごとの業績検討会が非常に重要となってきます。

(株)K&Sコンサルティングでは、各ライフステージに応じて、その会社に必要となるサービスの提供を行っています。各分野の専門家が企業経営のアドバイザーとしてご支援いたします。

consulting_menu03